• トップ
  • 特別展・企画展
  • 平成27年度 第6回企画展 「花鳥風月 ―柄鏡の美―」 服部和彦氏寄贈コレクションを中心として【会期:2016/2/11~】
  • 新型コロナウイルス感染症対策に伴う、開館日時の短縮、来館時のお願い
    必ず少人数でご来館ください。10名程度を超える団体は入館できない場合があります。
    授業利用は事前予約のうえ、一定条件で受け入れております。手続き詳細はこちら
    当面、水~土/12~17時(最終16時30分入館)の短縮開館です(原則)。最新情報詳細はこちら

特別展・企画展

開催終了

平成27年度 第6回企画展 「花鳥風月 ―柄鏡の美―」 服部和彦氏寄贈コレクションを中心として【会期:2016/2/11~】

2016.02.11

特別展・企画展

平成27年度 第6回企画展 「花鳥風月 ―柄鏡の美―」 服部和彦氏寄贈コレクションを中心として

平成27年度 第6回企画展 「花鳥風月 ―柄鏡の美―」 服部和彦氏寄贈コレクションを中心として
國學院大學博物館 平成27年度 第6回 企画展
「花鳥風月 柄鏡の美 ~服部和彦氏寄贈コレクションを中心として~」
会期:平成28(2016)年2月11日(木・祝)~3月13(日)


 國學院大學博物館には、服部和彦氏の篤志によって寄贈された1,000点に近い鏡が収蔵されています。今回はこれらの収蔵品の内から中世後半に出現し、江戸時代を通して一般庶民にまで広く浸透した柄鏡の魅力をご紹介致します。
 古代、中世における和鏡の鏡背文様は、吉祥文としての松樹や竹などの植物に加え、鶴、雀などの鳥文を配するという一定のパターンから脱却することはありませんでしたが、近世に花開く柄鏡の鏡背文様には、人物、動植物、器物、山水楼閣をはじめ、自由奔放な独自の絵画的世界が採用され、私たちの目を楽しませてくれます。
 近世金属工芸の「粋」柄鏡の世界を楽しんでみてください。


● 企画展「花鳥風月 ―柄鏡の美―」 チラシ PDF [2.04MB]

● 企画展「花鳥風月 ―柄鏡の美―」 リーフレット PDF [2.30MB]

 

開催概要

会期 平成28年2月11日(木・祝)~3月13(日)
会場 國學院大學博物館 企画展示室
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
会期中の休館日 2月22日(月)
入館料 無料
アクセス 國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター 地下1階 國學院大學博物館
アクセスマップをご覧ください。
関連イベント ■ミュージアムトーク
※お申し込み不要、参加費無料です。当日、博物館ホールまでお越しください。

(1)「展示解説」
日時:平成28年2月13日(土)14:00~14:30
講師:内川隆志(本学研究開発推進機構教授)

(2)「展示解説」
日時:平成28年3月5日(土)14:00~14:30
講師:内川隆志(本学研究開発推進機構教授)