• トップ
  • 特別展・企画展
  • 春の特別列品「恋とさすらいの系譜―源氏物語と平安文学」/令和6年4月20日(土)~6月16日(日)

特別展・企画展

予告

春の特別列品「恋とさすらいの系譜―源氏物語と平安文学」/令和6年4月20日(土)~6月16日(日)

2024.04.20

特別展・企画展

春の特別列品「恋とさすらいの系譜―源氏物語と平安文学」

春の特別列品「恋とさすらいの系譜―源氏物語と平安文学」
春の特別列品
「恋とさすらいの系譜―源氏物語と平安文学」

ー國學院大學図書館の名品ー

会期:
令和6(2024)年4月20日(土)~6月16日(日)

 源氏物語では光源氏の須磨流謫が叙情豊かに語られます。多くの和歌を引用しながら織りあげられるその叙述は、古来、名文として読み継がれてきました。しかし、主人公が流離する物語は、光源氏に固有のものではありません。伊勢物語の昔男、竹取物語のかぐや姫、さらに源氏物語の玉鬘や浮舟といった女性たちなど、さすらう人びとの姿は、平安文学のなかに繰り返し語られてきました。そして、光源氏や昔男などの場合、その流離はかなわぬ恋と結びつけられています。平安文学において、恋とさすらいは、作品を形成する主要なモチーフのひとつであったということができます。
 平安文学における恋とさすらいは、個々の作品にどのように語られ、後代の作品にどのような影響を与えていくのでしょうか。本展では、國學院大學が所蔵する平安文学関係の写本や絵巻等の展示を通して、源氏物語と平安文学における恋とさすらいの系譜をたどってみたいと思います。

  ◎本展のオンラインミュージアムは5月18日(土)12時公開予定

>春の特別列品「恋とさすらいの系譜―源氏物語と平安文学」 チラシ PDF [0.97MB]Adobe_PDF_file_icon_24x24.png 

 

開催概要

会期 会期:令和6(2024)年4月20日(土)~6月16日(日)
会場 國學院大學博物館 企画展示室
入館料 無料
開館日・開館時間・会期中休暇日 開館時間:10時~18時(最終入館17時30分)
休館日:毎週月曜日(祝日は開館)、5月1日~5月4日
アクセス 國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター 地下1階 國學院大學博物館
アクセスマップをご覧ください。