• トップ
  • 特別展・企画展
  • 企画展「榧園好古図譜ー北武蔵の名家・根岸家の古物(たから)」/令和6年2月17日(土)~4月14日(日)

特別展・企画展

開催中

企画展「榧園好古図譜ー北武蔵の名家・根岸家の古物(たから)」/令和6年2月17日(土)~4月14日(日)

2024.02.17

特別展・企画展

企画展「榧園好古図譜ー北武蔵の名家・根岸家の古物(たから)」

企画展「榧園好古図譜ー北武蔵の名家・根岸家の古物(たから)」

会期:
令和6(2024)年2月17日(土)~4月14日(日)

 北武蔵冑山村(現 埼玉県熊谷市)の名家「根岸家」の11代当主・根岸友山とその子息・武香は、著名な好古家として知られてきました。友山は、剣術道場や寺子屋「三餘堂」の開設など、子弟の教育に尽力する一方、明治初期にあって、蜷川式胤や柏木貨一郎、松浦武四郎ら好古家たちとも親交を 結んでいました。武香は、県会議員、貴族院議員として活躍する傍ら、好古家としても活動し、明治10(1877)年には、黒岩横穴群を発掘。H.v.シーボルトやE.s.モースをはじめ、多くの学者が武香のもとを訪れました。武香の関心は、考古遺物(埴輪・土偶・鏡類)だけではなく、印譜・地図・古文書に至るまで幅広く、彼の飽くなき探求は明治30年代前半まで続き、蒐集した考古遺物は、回廊型の陳列場に展示し、来訪者に公開していました。これは、国内でも初期の私設博物館施設と言えるでしょう。
 根岸武香の蒐集品に関する図譜の存在は紹介されていましたが、昭和30年代を境に行方不明となっていました。この度、この貴重な図譜が再発見され、科研費事業の成果のもと、本展にて初公開する運びとなりました。ここに記録されている古物“たから” こそが武香のコレクションの集大成であり、本展は、同家あるいは各所に残る現物と対比していくことで、その膨大なコレクションの一端を紹介するものです。

◎ 本展示は、「人文資料形成史における博物館学的研究−根岸友山・武香旧蔵資料の研究と公開−」(日本学術振興会科学研究費助成事業[令和3年~令和5年]課題番号21K01002研究代表 内川隆志)による研究によって得られた新たな成果を中心に公開するものである。

◎本展のオンラインミュージアムは3月9日(土)14時公開予定

>企画展「榧園好古図譜ー北武蔵の名家・根岸家の古物(たから)」 チラシ PDF [0.97MB]Adobe_PDF_file_icon_24x24.png 

 

開催概要

会期 会期:令和6(2024)年2月17日(土)~4月14日(日)
会場 國學院大學博物館 企画展示室
入館料 無料
開館日・開館時間・会期中休暇日 開館時間:10時~18時(最終入館17時30分)
休館日:毎週月曜日(祝日は開館)
※ミュージアムショップは開館日の10時30分~17時30分
アクセス 國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター 地下1階 國學院大學博物館
アクセスマップをご覧ください。
後援
関連イベント ■ミュージアムトーク
第Ⅰ回 日時:2月24日(土)11:00~12:00
講師:内川隆志(國學院大學教授・当館副館長)
第Ⅱ回 日時:3月9日(土)11:00~12:00
講師:三浦泰之(北海道博物館研究部学芸主幹)