• 國學院大學博物館では、新型コロナウイルスの状況により、開館スケジュールや開催イベント等の予定を変更する場合があります。
    本ページやSNSで適宜告知しますので、ご確認のうえ、ご来館くださいますようお願い申し上げます。
    【開館のお知らせ】7月2日(木)より原則、木・金・土曜日の12:00~16:00(最終入館15:30)短縮開館(オープン)します。[2020/6/25 12:00更新]
    【重要】新型コロナウイルス感染防止対策のため、ご来館の前に下記の注意事項をご確認ください。 [2020/6/25 12:00更新]
    ご来館の際の注意事項 [2020/6/25 12:00更新]
    最新の変更情報はこちらをご覧ください。[2020/6/25 12:00更新]

特別展・企画展

開催終了

企画展「古物を守り伝えた人々―好古家たち Antiquarians―」【会期:2020/1/25~】

2020.01.25

特別展・企画展

企画展「古物を守り伝えた人々―好古家たち Antiquarians―」

企画展「古物を守り伝えた人々―好古家たち Antiquarians―」
企画展
「古物を守り伝えた人々―好古家たち Antiquarians―」

会期:令和2(2020)年1月25日(土)~3月15日(日)


 江戸時代中期以降、古器物に関心を寄せる人々が国学者や武家、町人など各層に広がり、彼らは総じて「好古家」と呼ばれました。
 日本の文化財保護の歴史を紐解くと、そこには古代より時の権力者や時代を担った数多の文化人達によって様々なかたちで展開されてきた事実があります。特に幕末維新期においては、廃仏毀釈によって荒廃した仏教美術や廃藩置県の混乱から古器物を保護する動きが活発になりました。また、わが国初の文化財保護を謳った「集古館設立の献言」と大学南校による物産会の開催、太政官による「古器旧物保存方」の布告、ウイーン万国博覧会参加準備や文部省博覧会など幾多の事業を展開するなかで、いずれの局面においても、そこには、これらの事業を共に支える好古家達がいました。
 本企画展では、近世から近代にかけて好古家と呼ばれた古物の研究、蒐集家に焦点を当て、彼らの果たした役割についてあきらかにします。


企画展「古物を守り伝えた人々―好古家たち Antiquarians―」 チラシ PDF [1.21MB]Adobe_PDF_file_icon_24x24.png

開催概要

会期 令和2(2020)年1月25日(土)~3月15日(日)
会場 國學院大學博物館 企画展示室
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
会期中休館日 2月2日(日)、10日(月)
入館料 無料
アクセス 國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター 地下1階 國學院大學博物館
アクセスマップをご覧ください。
展覧会図録
  國學院大學博物館
  企画展
  「古物を守り伝えた人々―好古家たち Antiquarians―」
  税込み400円(22頁)
☆國學院大學生は学生証提示で定価より200円割引

図録の購入についてはこちら
関連イベント ■シンポジウム
「幕末維新期の好古家ネットワーク」

■ミュージアムトーク
ミュージアムトーク
主催 國學院大學博物館
共催 関西大学博物館
本展示について 本展示は日本学術振興会科学研究費 基盤研究(B)「好古家ネットワークの形成と近代博物館創設に関する学際的研究(17H02025)代表 内川隆志」の一環として開催します。