• 상설전시
상설전시
  • 고고考古
  • 신도神道
  • 교사校史

祭祀遺跡に見るモノと心

日本列島に住む人々は、みずからを取りまく世界をどのように捉えていたのでしょうか。それは自分や自分たちの存在する場や時、あるいは生・老・病・死・愛・災害・犯罪・戦などに由来し、多様でした。そこで起こる様々な事柄を解決するための方法や仕組みも様々であり、時には伝播してきた異文化によって変容することもありました。このゾーンでは、これらの行為によって生み出された「モノ」を「祈りのかたち」として捉えることで、人々の垣間見える「心」の活動を探究します。

フロアマップ

神社祭礼に見るモノと心

古くから人々は、信仰の「心」が込められた「モノ」を用いて、日本に根ざした神々へのまつりを行ってきた。このゾーンでは日本各地の神社―信仰が表現される場―を中心に行われてきたまつりに焦点を当て、そこで用いられる「モノ」と、その中に込められた「心」との関係を明らかにする。

そして、時代ごと、あるいは場所ごとに多様な姿を見せる日本文化とその基層である神道の特質にも迫る。

フロアマップ

國學院の学術資産に見る“モノ”と“心”

國學院の校名に冠する「国学」とは、⽇本の伝統⽂化に関する諸現象・事物の成り⽴ちとその本質
の解明を⽬指した学問であり、古典籍や古器古物などの「モノ」を通じて、⽇本⼈の「⼼」を究明する総合的な⽇本⽂化学である。ここでは、國學院およびその設⽴⺟体である皇典講究所関連の資料や、本学所蔵の資料・コレクションを通して、本学における伝統⽂化の研究・発信の実態を明らかにし、「モノ」と「⼼」に関する本学の歴史と学問の展開を追う。

フロアマップ