• 考古ゾーン
  • 神道ゾーン
  • 校史ゾーン

 古くから人々は、信仰の「心」が込められた「モノ」を用いて、日本に根差した神々へのまつりを行ってきた。ここでは、日本各地の神社―信仰が表現される場―を中心に行われてきたまつりに焦点を当て、そこで用いられる「モノ」と、その中に込められた「心」との関係を明らかにする。そして、時代ごと、あるいは場所ごとに多様な姿を見せる日本文化とその基層である神道の特質にも迫る。

4_ext_04_0.jpg

主な展示資料

  • 僧形八幡神像

    江戸時代(享保3(1718)年修補)
    作者不明

    江戸時代以前は、神が僧の姿(僧形)で描かれることがよくあった。八幡神の僧形像は、その典型である。

     宇佐神宮(大分県)・石清水八幡宮(京都府)など、全国各地で今なお祀られる八幡神は、とりわけ仏教と...もっと見る

    4_ext_13_0_S.jpg
  • 石清水八幡宮供花神饌

    現代

     供花神饌は、石清水八幡宮(京都府八幡市)で9月15日に行われる石清水祭において神に供えられるものである。御花神饌、また、造花とも呼ばれる。毎年12台の供花神饌を新調し、祭礼の時に様々な神饌物と共に神へ捧げられる。...もっと見る

    4_ext_13_2_S.jpg
  • 男神像・女神像

    室町時代後期

     男神像・女神像ともに神名は明らかでない。

    2体はともに一本の木から作られたと考えられる。男神像(だんしんぞう)は、朝廷の貴族や役人が正装し

    た姿(束帯姿)で表現される。それは頭...もっと見る

    4_ext_13_3_S.jpg
  • 『年中行事絵巻』

    江戸時代後期か(18~19世紀)

    『年中行事絵巻』 祇園御霊会

     本絵巻の原本は、後白河上皇(1127―1192)の命令によって、宮中をはじめとした年中行事を絵巻物としたものである。このため、本絵巻から、12世紀末頃(平安時代末期)...もっと見る

    4_ext_13_4_S.jpg
  • 吉田神道行事壇

    再現

     この行事壇は、吉田神道の行事で用いられ、炉を中心とした八角形の壇である。この炉で火を焚き、その中に穀物や粥ほかを投入しながら祈祷した。この護摩行事と「十八神道行事」「宗源神道行事」の三つの行法を「三壇行事」という...もっと見る

    4_ext_13_5_S.jpg
  • 山王祭礼図屏風

     

     日吉大社(滋賀県大津市)の山王祭の様子を描いた屏風。日吉大社は京都市と大津市の間にある、比叡山の大津側の麓に鎮座する。山王祭は日吉大社で4月に行なわれる祭り。本資料は三つ折りの屏風一対(六曲一双)で構成され、17...もっと見る

    4_ext_13_6_S.jpg
  • 考古ゾーン
  • 神道ゾーン
  • 校史ゾーン