イベント・企画

開催中

【特集展示】「吉田家伝来文書にみる花押・印判」【会期:2019/11/26~】

2019.11.26

展示

【特集展示】「吉田家伝来文書にみる花押・印判」

【特集展示】「吉田家伝来文書にみる花押・印判」
特集展示
「吉田家伝来文書にみる花押・印判」

会期:令和元(2019)年11月26日(火)~12月22日(日)

※本展示は、博物館の一角でおこなう小規模展示です。

 大嘗祭に携わった吉田神道(唯一神道、卜部神道)の吉田家は、江戸時代、吉田社(現在の京都吉田神社)の神職であり、神祇管領長上として諸社神職の官位・叙任願を天皇へ取り次ぐ執奏を勤める家でした。多くの公家を入門者として迎えつつ、自らも公家として出仕し、朝廷と深くつながっていました。
 一方、時の権力者である武士とも積極的につながりを求めていきました。吉田家に伝来した江戸時代の文書には、徳川家・幕府・諸大名らとのさまざまな結びつきを示すものが多く残されており、そこには意匠を凝らした花押や印判が据えられています。
 本展示ではこうした花押・印判のある文書から、吉田家と武士との結びつきをみていきます。

●特集展示「吉田家伝来文書にみる花押・印判」 チラシ PDF [563KB]Adobe_PDF_file_icon_24x24.png

開催概要

会期 令和元(2019)年11月26日(火)~12月22日(日)
会場 國學院大學博物館 校史展示室
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
会期中休館日 なし
入館料 無料
アクセス 國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター 地下1階 國學院大學博物館
アクセスマップをご覧ください。