イベント・企画

開催中

【特集展示】「夏越祓」

2019.05.28

展示

【特集展示】「夏越祓」

【特集展示】「夏越祓」
特集展示
「夏越祓」

会期:令和元 (2019) 年5月28日(火)~6月23日(日)

※本展示は、博物館の一角でおこなう小規模展示です。

 6月30日の夕方、全国の多くの神社で大祓(夏越祓・名越祓)が行われます。神道にとって「祓」は重要な行事・概念で、罪や穢、不浄を取り去って、諸々を清浄にすることを言います。このため、祭りを行う前には必ず祓が行われます。
 古代には、旧暦6月と12月の晦日に国家行事として大祓が行われ、これは人々が半年間に犯した罪を祓うことにより、災厄を防ぐことを目的としていました。この起源は7世紀にまでさかのぼります。    
 一方、この時に用いられた詞である「六月晦大祓」は『延喜式』という10世紀に成立した法制書に出ています。この詞をもとに作られたと考えられている中臣祓は、大祓の時だけでなく、いつでも、どこでも読み上げられるように改められています。この中臣祓は、延命長寿をはじめとした諸祈祷に用いられました。
 また、全国各地の神社では、無病息災・延命長寿などを祈願するため、夏に祓の行事が行われ、これらは江戸時代の地誌にも見ることができます。そこには、現在の神社と同じ様に茅の輪をくぐったり、人形を川や海に流したりする様子が描かれています。
 本展を通して、祓や大祓、夏越祓に親しんでいただければ幸いです。

特集展示「夏越祓」 チラシ PDF [1.02MB]Adobe_PDF_file_icon_24x24.png

開催概要

会期 令和元 (2019) 年5月28日(火)~6月23日(日)
会場 國學院大學博物館 神道展示室
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
会期中休館日 なし
入館料 無料
アクセス 國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター 地下1階 國學院大學博物館
アクセスマップをご覧ください。